本文へ移動

教育理念・教育目的・教育目標

教育理念

  本学院は、仲間と心と力をあわせて自分と仲間のために真剣に学ぶという「協同の精神」のもと、石見の豊かな自然の中で感性と創造力を培うとともに、人とのかかわりを通して自己を振り返り、お互いの存在を尊重しながら自己理解・他者理解を深め、生命を尊び、人としての権利を尊重し、人々を思いやる豊かな心を育むことを教育の基本とする。
  また、科学的な思考力、判断力、倫理観を身につけ、多様化する社会のニーズや人々の価値観に対応し、適切な看護を実践するための基礎的能力を養うことを目指す。
  さらには、常に看護を探求する姿勢と向上心を持ち、人間としての自己成長を目指して主体的に学習し続ける看護師を育成する。
  そして、地域に開かれた学校として機能することにより、相互成長できる学習環境を整え、地域医療の向上に寄与する。そのような環境の中で、保健・医療・福祉チームの一員である専門職者としての基礎的能力を養い、地域・社会に貢献できる人材の育成を目指す。

教育目的

  豊かな人間性を培い、多様化する社会のニーズや価値観を認識し、科学的な思考に基づいた適切な看護を実践できる能力を以て、地域の人々の健康な暮らしに貢献できる人材を育成する。
 

教育目標

1)看護の対象である人間を、身体的・精神的・社会的に統合された独自の存在として暮らしを営むものであると理解する能力を養う
2)お互いの存在を尊重し、自己理解・他者理解を深めながら、看護師としての人間関係を形成するコミュニケーション能力を養う
3)看護師としての責務を自覚し、対象の立場に立った倫理に基づく看護を実践する能力を養う
4)科学的根拠に基づいた看護を実践するために必要な臨床判断能力を養う
5)健康の保持・増進、疾病の予防及び健康の回復に関わる看護を、健康の状態やその変化に応じて実践する基礎的能力を養う
6)保健・医療・福祉システムにおける自らの役割及び他職種の役割を理解し、多職種と連携・協働しながら地域で暮らす人々への看護を提供する基礎的能力を養う
7)専門職業人として常に看護を探求する姿勢と向上心を持ち、自己の成長と看護の質の向上を図るため主体的に学び続ける能力を養う

島根県立石見高等看護学院

イメージキャラクター

『あゆみん』

6
8
2
9
1
5
TOPへ戻る