qrcode.png
http://sinc.ac.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

教職員ブログ

  • HOME  > 
  • 教職員ブログ
 

2019年度

2019年度
   
 こちらは島根県立石見高等看護学院・教職員のブログです

 
学校行事や、日々の学院生活の中で感じたことなどを不定期に更新しています。
                
    過去の記事はコチラ     平成25年度
                       平成26年度
                   平成27年度
                       平成28年度
                   平成29年度
                   平成30年度
 

令和元年度

令和元年度
フォーム
 
令和元年度「学校関係者評価委員会」の開催
2019-10-18
「学校関係者評価委員会」は、今年で4回目の開催になります。この委員会では、外部委員として地元の保健所所長、病院関係者、学院の卒業生など5名と学院の委員により、学院活動全般についての自己点検・自己評価等について評価が行われます。
 今回、外部委員の皆様には、授業風景の参観や、寮の食堂で寮生と語らいながら昼食を召し上がっていただきました。学生たちの学習している雰囲気を感じ、学生の生の声を聴いていただけたのではないかと思います。意見交換の場では、協同の精神に関しての評価や情報発信方法、保護者との情報交換等々、委員の皆様に多くの貴重なご意見をいただきました。今後も引き続き、学院の教育活動の資質向上に努めていきたいと思います。     MAYUYU
 
看護教員臨床研修
2019-10-09
 7月から9月までの3ヶ月間、実習病院である医師会病院4階病棟で、看護教員臨床研修をさせていただきました。患者様のバイタル測定や身体の観察、食事や排泄・清潔・移乗などの日常生活援助や手術前後の看護などに関わらせていただきました。転倒され骨折で手術を受けられる高齢者の患者様は多く、手術後の痛みや筋力低下によりできなかったことが、日々のリハビリを通してできるようになった時など、患者様の回復や笑顔をみることで看護の喜びを感じることができました。
 10年以上臨床を離れており少し不安はありましたが、日々病棟スタッフの優しさと患者様の笑顔に助けられました。最終日には4階病棟の皆様から花束とさらに病長師長さんのハグをいただき、感動と感謝の気持ちで研修を終えることができました。今回の研修の学びを、今後学生へ伝えていきたいと思います。
 
                            Moa
 
1年生は、もうすぐ初めての実習が始まります
2019-10-02
 1年生は、10月30日から初めての病院実習が始まります。益田赤十字病院で6日間実習させていただき、病院や看護師の役割を学びます。
 実習は10月末からですが、実習に向けての準備は、9月中旬から始まっています。まず、実習の目的・目標、実習の心得、など実習のすすめ方のオリエンテーションを受けています。また、実習で患者さんの脈拍や血圧が安全に安楽に測定できるように練習したり、値をどう考えるかその根拠を考えたりしています。他にもたくさんの学習課題がなげかけられていますが、それを自分たちで時間を作っては一生懸命考えています。
 この写真は、グループワークの一こまです。和やかな雰囲気で協力し合い、学びを深めています。
 地域に貢献できる看護師・望まれる看護師になれるよう、チームの一員として社会人として、学び成長してほしいと思っています。実習がんばりましょうね。
              Rab
 
3年生の授業風景
2019-09-26

 3年生は4月から5ヶ所の実習を終え、残すところ後2ケ所となりました。実習の合間を縫うように、学内での授業が入るのですが、今日はその一つである「看護研究」の授業の様子をご紹介したいと思います。

 「看護研究」は1530時間の授業で、3年生になってすぐの4月に始まり、長い期間で行うことになります。「看護研究」とはどんなことをするのか、学生達が最初に感じる疑問です。質の高い看護実践の実現のため、問題に向きあった時にその問題を解決していくための「研究の力」を身につけることが授業の目標です。今日の授業はその9回目で、既存の研究論文を読むことで既知と未知を整理して、自分たちが解決したい問題は何かをさらに絞り込んでいきました。授業の大半はグループワークですが、自分たちの好きな絵を描いた図解を用いて、楽しく自分たちが行いたい研究の計画書を作り上げていきます。学生たちは悩みながら課題をこなしていきますが、授業の最後にお互いの研究計画書を発表するときには、達成感が感じられることと思います。発表会は11月5日、その日まで一緒にがんばりましょう。

                                   みんなの母

 
ひとまろビジョンさんとのコラボ!
2019-09-20
 当学院では益田圏域のみなさまの健康レベル向上に少しでもお役に立ちたいという思いで、ひとまろビジョンさん(益田のケーブルテレビ局)と協働して健康情報番組を作成しています。題して「いわみ健康情報 石見高看調査隊が行く!」です。学生がレポーターとなって、益田市医師会会員の先生方や歯科医の先生、益田医師会病院の認定看護師さんなど様々な方々に、健康問題に関するインタビューをして番組をすすめていきます。3カ月に1テーマで作成されるこの番組、今年で3年目、今回が11回目となります。
 10月放映予定の番組は現在撮影中。今回のテーマは「ご本人や家族だけで悩まないで!地域包括支援センターに相談してみよう!!」です。医師会病院の中にある益田市東部中部地域包括支援センターに取材に行ってきました。写真は学生によるミニコーナーの撮影風景です。
 「地域包括支援センター」という言葉を聞いたことのある方は増えてきていると思いますが、どんな困りごとを抱えた時にどのように利用するのかまではまだよく知らない方も多いと思います。今回、地域包括支援センターの業務内容や利用の仕方について学生がインタビューしてきましたので、ぜひご覧ください!
教員 ねこまっしぐら

島根県立石見高等看護学院

イメージキャラクター

  『あゆみん』

603703
<<島根県立石見高等看護学院>> 〒698-0007 島根県益田市昭和町20番15号 TEL:0856-23-2615 FAX:0856-23-3462