教職員ブログ

  • HOME  > 
  • 教職員ブログ
   
 こちらは島根県立石見高等看護学院・教職員のブログです

 
学校行事や、日々の学院生活の中で感じたことなどを不定期に更新しています。
                
    過去の記事はコチラ      平成25年度
                       平成26年度
                       平成27年度
                       平成28年度
 

平成29年度

平成29年度
フォーム
 
始業
2017-09-01
 1ヶ月あまりの夏期休業を終え、始業となったこの日、静かだった学内が久しぶりに賑やかになりました。
始業の日の朝は、課題の提出からスタートしました。看護学生は、夏休みと言えども沢山の課題を持ち帰ります。下の写真は1年生が提出してくれた課題の一部です。大変だったと思いますが、誰一人忘れることなく提出してくれました。こつこつと課題に取り組み努力したことは、これから必ず活かされますよ。お疲れ様!
 もう一枚の写真は、始業に合わせて綺麗に芝刈りされた中庭に1年生を誘って、パチリ。まだまだ夏休みモードが抜けきれない雰囲気がありますが、9月から新しく始まる科目も続々とあり、ぼやぼやしているわけにはいきません。勉強モードに頭を切り換えて、頑張りましょう!! 
                                      ALIBABA
 
フィジカルアセスメント研修に行ってきました!
2017-08-24
 8月21、22日の2日間、島根大学医学部附属病院のクリニカルスキルアップセンターでフィジカルアセスメント研修を受講してきました。教員自身のフィジカルアセスメント技術の向上はもちろんのこと、シミュレーターを効果的に使用し、学生が興味や関心を持って学べる授業の方法についても学習してきました。
 センター長の狩野賢二先生は、「臨床現場では間違えることはできないが、シミュレーターを使用して学習する時には間違えてもいい。その間違えから多くのことを学ぶことができる。学生にはどんどん間違えろ!と伝えている」とおっしゃっていました。シミュレーターを使用することで、リアルな臨床現場を再現することができます。その中で学生と共に考えたり、悩んだりしながら学習していくことの重要性を再認識することができました。フィジカルアセスメントの技術についても、私たちが学生時代に学んだこととの違いに驚いたり、技術だけに着目するのではなく、解剖生理や病態と関連付けて学べるような工夫をすることの必要性も感じました。
 石見高看も多くのシミュレーターを保有しています。今回の研修で学んだことを今後の教育活動にしっかり生かし、学生と共に学び、成長していきたいと思います。
のん
 
Welcome 36期生!!
2017-08-21
8月17日(木)にホームカミングデイを行いました。この取り組みは、卒業生の離職防止のための支援目的に開催しており、今年で3年目となりました。
卒業生より一人ひとりの近況報告をしていただきました。受け持つ患者さんが増え、自分の失敗があっても、先輩方が優しく指導してくださっていることや、期待に応えられるようにこの失敗を無駄にせず、これから勉強して頑張りたいと皆が前向きな気持ちを話てました。一人ひとりの卒業生が精一杯頑張っている様子がひしひしと伝わった近況報告でした。
また、卒業生の担任だった先生から、温かなメッセージ入りの懐かしの写真や、現在の就職場所での写真の上映があったりして、歓声がわき写真にくぎづけでした。そして、卒業生の為に、教員たちが必死で練習した『見上げてごらん夜の星を~ぼくらのうた』の二部合唱を披露しました。軽食をとりながら和気あいあいとした雰囲気で、心に残るホームカミングデイとなりました。
この取り組みは、卒業生を元気づけ、リフレッシュして帰ってもらうものですが、私たち教員が反対に励まされ、とっても元気をもらいました!!ありがとう!!
みなさんが元気に学院に来てくれたことがとてもうれしくてうれしくて・・・!!
これからもず~っと応援していますよ。いつでも母校に来てくださいね。待っています。
                                                                                                                                             MAYUYU
 
学会に行ってきました
2017-08-09
 8月3・4日に香川県高松市で日本看護学会-看護教育-学術集会が開催され、全国の臨床現場の看護師や大学・看護学校といった看護基礎教育に携わる人達が約1000人集まりました。研究発表する人達と、そこから新しい知見を得ようとする私を含む人達双方にとって、意義深い学会でした。また、研究発表と併せて、「脳科学の観点から学習支援を考える」という特別講演もあり、良い勉強をさせてもらいました。
このような形で自己研鑽するのに、夏休み期間はとても有り難いです。今回得た成果は、教員全体に伝達するとともに、自分の教育技法を高めることに活用したいと思います。
                                       みんなの母
 
暑中お見舞い申し上げます。
2017-08-04
 暑中お見舞い申し上げます。
 学院は夏休みに入り、学舎には学生たちの声にかわって、外壁改修工事の音が鳴り響いています。
 学舎の外に目を向けると、連日30度を超える真夏日ですが、レンガ畳みにセキレイがいます。この子は毎日のように姿を見せてくれます。ただ同じ鳥かどうかは不明なのですが、英語名(wagtail)の通り、尾羽を上下させながら、ちょこちょこっと歩く愛嬌のある姿にとても癒されます。
 中庭の藤棚には、空を仰ぐように季節外れの藤の花が咲いています。春の頃、花房を下向きにたおやかにゆれるその姿は優しい女性に例えられるのですが、夏空に向かって咲く花の穂先には芯の強さを感じます。
 そして、本学で外せないのが、シンボルツリーのクスノキです。両手を大きく広げたような枝の先には、緑の球形の実をたくさんつけています。そんな樹枝を真下からのぞき込もうと、頭をのけぞって見上げると、ビックリ!!あしなが蜂の巣を発見しました。一生懸命巣作りに励む様子はご覧の写真の通りです。
 大鳥から昆虫まで絶えず向かい入れる懐の深い温かさを感じる大樹です。
 台風5号が接近しています。大事に至りませぬように!!           教員T

島根県立石見高等看護学院

イメージキャラクター

  『あゆみん』

557410
<<島根県立石見高等看護学院>> 〒698-0007 島根県益田市昭和町20番15号 TEL:0856-23-2615 FAX:0856-23-3462