本文へ移動

平成28年度

平成28年度

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ガクメシ!2016

2016-07-08
並んだ並んだ愛情一杯女子弁当!
この笑顔。ランチタイムは午後への活力。
コンビニ派も合流して、弁当男子も腹ごしらえ。
 いくら暑くてもお腹は空きます。前回2015年はアポなしの突撃取材の敢行でしたが、今回は万全を期しての事前予告取材。それが功を奏してか、一段と美味しそうなお弁当のオンパレード!
 改修工事で組まれた足場がラウンジを囲み、なかなかレアな風景を背に今年の夏は、ちょっとシュールなランチタイム。
 「1年生の通学生、ご協力ありがとう。」
………………………………………………………………………………………………………事務室voice

リフレッシュ工事つづき

2016-06-30
 体育館の外壁の補修工事に続き、今週から本館北側の外壁補修工事が始まりました。
建物の周りに囲いがされ、エントランスから見る中庭の緑の景色が当分のあいだ見られなくなり、心落ち着く場所が一つなくなりました。
  
 この時期、中庭の芝生と雑草の成長が早く、寮生は工事のため芝生の中を通り本館へ移動しますが、雨が降るときなど足元が悪いため例年より早く芝刈りを実施しスッキリ!としました。
 学生の皆さんには当分のあいだ不自由をかけますが、囲いが取れる秋のその時を待ってくださいね。
                                          やよい

リフレッシュ工事再開!

2016-06-23
安全確保のため鉄板で「仮囲い」された体育館
資材等の搬出入口
 石見高等看護学院では、昨年から施設の長寿命化のためのリフレッシュ工事を計画的に行っています。
 昨年は、大講義棟の外壁補修工事が行われました。 工事期間中は、騒音や工事資材等のスペース確保のため不自由な時もありましたが、おかげさまで綺麗な建物に生まれ変わりました。
 今年は、6月から10月末までの予定で体育館と本館北側の外壁の補修工事が行われます。 特に騒音が予想される工事は夏休みを中心に工事をしていただくことになっています。 なお、工事期間中でも建物の使用は出来ますので、勉強の疲れは体育館でシッカリ汗をかき、リフレッシュして欲しいと思います。
 
 学生の皆さん方にはご不便をお掛けしますが、大切な母校のためにご理解をお願いします。 そして、秋には真っ青な空に映えるレンガ色の美しい建物に生まれ変わるのを待ちましょう。 
                    momi

ある日の装い

2016-06-15
ある日の教員のファッション。いかがでしょうか?
赤・青・黄色、そしてグレー。目がチカチカするほどのカラフル!
これにはあるテーマがあるのです。
 
この色合いでイメージするものと言えば・・・そう、信号機!(ちなみにグレーは信号機の柱です)
では、黄色と黒といえば・・・警戒色!(標識や踏み切りなど、人間が注意を引きやすい色の組み合わせと言われています)
 
なぜこのようなことになったかというと、偶然ではなく、この日のために誰が何色を着てくるか入念に打ち合わせをしてのことなのです。(毎日こんなふざけた話ばかりしているわけではなく、仕事は至って真面目にしております!!)ちなみに信号機と警戒色というのは、持っている服の色からたまたまできたテーマです(笑)。これから本格的に梅雨に入ると、気分も滅入りがちですが、たまにはこういう日があると気持ちも明るくなります。
 
教職員によるファッションブログ第2弾・・・があるかどうかわかりませんが、あればまたご報告させてもらおうと思います!乞うご期待!!
         M

精神看護学実習での学び

2016-06-08
 精神看護学実習では、益田を離れ、出雲にある「島根県立こころの医療センター」で実習をさせていただいています。11~12名3班に分かれて実習をしています。1班目は5月30日~6月10日までの10日間の実習です。初めて親元から離れてホテル住まいをする学生や、寮生活から久しぶりに自宅から実習に通っている学生もいます。1週目は「あー早く益田に帰りたい!」「家のご飯食べたい!」などの声が聞かれました。親のありがたさを感じながら実習を頑張っているところです。
 実習中は1名の患者さんを受け持ち、指導者さんの助言や指導を受けながら看護を実施します。実習6日目には事例検討会を行います。学生5~6名と指導者、教員がグループとなり、レポーターのプロセスレコードを用いて事例検討を行い、メンバー全員でその場面を振り返り、気づきや学びを共有する時間にしています。事例検討では、グループメンバーよりいろいろな視点からみることで、“気がかり”になっていたことの“手がかり”が見つかったように感じました。
 実習があと数日となった1班ですが、受持患者さんを通して、日々いろいろな場面で心が揺れ動きながら、患者さんを理解したい一心でかかわりを持っています。
自分と向き合うことのできた精神看護学実習での学びは、きっとこれからの看護に役に立つと思いますよ。いつも温かな気持ちで応援していますね。がんばれ~!!        Mayuyu

島根県立石見高等看護学院

イメージキャラクター

『あゆみん』

6
9
9
8
4
3
TOPへ戻る