本文へ移動

教職員ブログ

 こちらは島根県立石見高等看護学院・教職員のブログです



 
学校行事や、日々の学院生活の中で感じたことなどを不定期に更新しています。
                
    過去の記事はコチラ    平成25年度   平成26年度
                    平成27年度   平成28年度
                    平成29年度   平成30年度
                    令和元年度    令和2年度
                    令和3年度

令和4年度

益田赤十字病院災害対応訓練に3年生が参加しました!

2022-09-30
 少し前の話になりますが、9月17日に益田赤十字病院の災害対応訓練があり、3年生が負傷者役として参加させていただきました。学生は事前に年齢や身体状況など細かい設定が伝えられていたので、当日はその役になりきることが重要です。訓練が始まるまで負傷者情報を頭にいれようと一生懸命な3年生。そしていよいよ訓練がスタートすると一気に緊張感に包まれ、学生たちも一層真剣な面持ちで訓練に参加していました。訓練では医師や看護師から応急処置を受けたり、担架で運ばれたり、救急車に乗った学生もいました。災害という切迫した状況の中で様々な職種の方々が連携しながら対応される様子を間近で見ることができ、3年生にとって強く心に残る経験となったと思います。ここで学んだことを、今後の看護実践に活かしていってほしいと思います。
 学生の訓練参加にご協力下さった益田赤十字病院関係者の皆様には、このような貴重な経験をさせていただき深く感謝いたします。

成人と新生児の違いは・・・

2022-09-27
 前期も終わりに近づいています。
2年生は成人看護学をはじめ、小児看護学、母性看護学などの専門領域の授業が増えてきました。成人、小児、新生児や妊産婦など、それぞれの対象の理解や看護方法について学びを深めています。
 写真は、外部講師による母性看護援助論Ⅰの授業での一場面です。テキストや動画で新生児の観察方法を学習した後、人形を使用して一連の観察をしました。当学院には、呼吸や心拍を実際に観察できるベビー人形があります。人形が呼吸している様子を観察しながら、「呼吸するとお腹が動くから腹式呼吸だ!」「呼吸や心拍数が速いね!」など、成人と新生児の違いを確認しながら観察をしていました。
 11月には保育所実習、1月からは各領域別の実習があります。学内でしっかり知識を身につけ、実習では対象に応じた看護が実践できるとよいです。

はじめての病院実習に向けて

2022-09-16

夏休みが終わって2週間が過ぎました。台風の影響で日中は30度を超えることもありますが、朝晩は涼しさを感じられるようになりました。

1年生(44期生)は新しいカリキュラムで学習に励んでいますが、10月の下旬から初めての病院実習、基礎看護学実習Ⅰに臨みます。病院の機能や役割について知ることはもちろんですが、患者様を受け持たせて頂き、入院中の環境や生活についても学びます。実習まではまだ1か月以上ありますが、臨地実習の学習目標や注意点などのオリエンテーションがすでに始まっています。今日は実習の進め方や記録用紙の書き方などのオリエンテーションをみんな真剣な表情で受けていました。

そしてもうひとつ、オリエンテーション以外に大事な課題があります。基礎看護学実習Ⅰでは、患者様の健康状態を把握するため体温・脈拍・血圧なども測定させて頂きますが、その技術試験が9月27日に行われます。患者様に安全で安楽な技術を提供できるように、放課後や授業の空き時間を使って一人一人が練習に励んでいます。全員が無事合格して実習に臨めるように頑張ろう44期生


のん

黙食

2022-09-08

42期生(3年生)は看護学生時代の最後の夏休みを終え、今年度残りわずかとなった領域別看護実習が開始されています。久々に学生と病院実習に行き、今回昼食の様子を伺ってみました。午前中の病棟実習を終えた学生6名が、休憩室で友達同士と余計な話をすることなく前を向き、黙食していました。

42期生が入学してから新型コロナウイルス感染症対策が始まり、昼食時は学内でも黙食のルールを守ってきました。食事中の会話を控えることで、飛沫を防ぎ感染リスクが軽減することをひとりひとりが理解し行動しています。

 その他にもさまざまな行動制限のある生活ですが、上手くストレスを発散しながら、実習や残りの学院生活を乗り越えていってほしいと思います。

 

                                                           moa

夏休みが明けて始業

2022-09-01

夏休みが終わり本日より1~3学年がそろい、学院内一気に活気にあふれました。

新型コロナウイルス感染拡大防止策として、1年生は実習室、2年生は2,3教室、3年生は大講義棟を使用し、学生間の距離をとり授業を開始しました。1、2年生は早速、テストや授業があり、3年生は、今日のみ授業があり、明日2日から領域別の臨地実習が始まります。実習においても新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、一部学内実習になります。夏休みモードから学院モードに切り替え、時間を大切に使い元気にスタートしましょう。                  MAYUYU

1年生 解剖生理学Ⅰテスト 実習室
2年生 母性看護援助論Ⅱ 2つの教室に分かれて講義
3年生 音楽療法 大講義棟で講義

島根県立石見高等看護学院

イメージキャラクター

『あゆみん』

6
8
7
9
0
3
TOPへ戻る