教育理念・教育目的・教育目標

 

教育理念

教育理念
 
看護は対象者である人間を統合体としてとらえ、人々の健康と生活を、自然・社会・文化的環境との相互作用、心身相関等の観点から理解し、あらゆる健康の段階や障害の状態にある人々に対し、その人らしい生活過程を整え自立できるよう支援していくものである。
多様化する社会のニーズや人々の価値観に対応し、適切な看護を提供するための専門知識・技術・態度を修得させ、科学的な思考力、判断力、倫理観を身につけ、安心で安全な看護を実践できる基礎的能力を養うことを目指す。
さらには、豊かな自然の中で感性と創造力を培うとともに、人とのかかわりを通して自己を振り返り、お互いの存在を尊重しながら自己理解・他者理解を深め、生命を尊び、人としての権利を尊重し、人々を思いやる豊かな心を育むことを目指す。
また、常に看護を探求する姿勢と向上心を持ち、人間としての自己成長を目指して主体的に学習し続ける看護師を育成する。
地域に開かれた学校として機能することにより、誰もが看護を学ぶものとして、相互成長できる学習環境を整え、地域医療の向上に寄与する。そのような環境の中で、保健・医療・福祉チームの一員である専門職者としての基礎的能力を養い、地域・社会に貢献できる人材の育成を目指す。
 
 

教育目的

教育目的
 
 豊かな感性を培い、多様化する社会のニーズや価値観を認識し、安心で安全な看護を実践できる知識・技術・態度を修得し、地域の保健・医療・福祉に貢献できる人材を育成する。
 

教育目標

教育目標
 
1)看護の対象である人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として幅広く理解する能力を養 う。
 
2)生命の尊厳を理解し、人権を尊重して、人々の健康と生活を環境との相互作用及び心身相関の観点から理解させる。
 
3)社会のニーズや人々の多様な価値観を認識し、専門職業人としての共感的態度及び倫理に基づいた行動ができるとともに主体的に学び続ける基礎能力を養う。
 
4)あらゆる健康の段階や障害の状態にある人々の健康上の課題に対応するために、看護の専門職として必要な知識・技術・態度を修得し、科学的な根拠に基づいて班三市、安心で安全な看護を実践できる基礎的能力を養う。
 
5)人間関係を基盤に置き、相互理解及び相互成長できる感性を養う。
 
6)保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、チームの一員としての看護の役割と責任を認識し、人々が社会資源を活用できるよう協働・調整するための基礎的能力を養う。

島根県立石見高等看護学院

イメージキャラクター

  『あゆみん』

553115
<<島根県立石見高等看護学院>> 〒698-0007 島根県益田市昭和町20番15号 TEL:0856-23-2615 FAX:0856-23-3462