qrcode.png
http://sinc.ac.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

1 看護専門学校について

 
 
Q1 看護専門学校(3年過程)と看護系大学との違いは?
A1 専門学校は、大学よりも1年間修学期間が短かく、その分「看護師になるための勉強」に特化した授業が多く、実技や実習がたくさんあるのが特徴です。そのため、看護の現場を肌で感じることがメリットになります。また、大学よりも1年早く看護師として国家試験を受験する資格を得ることができ、学費も一般的に大学より安いという経済的なメリットもあります。
 一方で大学は、4年という少し長い学びの機会があり、一般教養という幅広い分野も学ぶことができ、卒業すると一般大学と同様に学士という称号を得ることができます。また、カリキュラムによっては、保健師・助産師・養護教諭などの国家試験の受験資格を同時に取得することも可能です。
 なお島根県には、県立の学校として3年課程の看護専門学校として「島根県立石見高等看護学院」と、看護系学部を有する「島根県立大学(看護栄養学部看護学科)」が設置されています。
 
Q2 保健師、助産師の資格を取るためには、どうすれば?
A2 本学院を卒業後、保健師・助産師養成所、看護大学専攻科・別科及び養護教諭(一種)の養成機関への受験資格が得られます。また、4年制看護系大学の場合は3年次編入試験の受験資格が得られます。
 
Q3 看護師と准看護師の違いは?

A3 免許付与の機関と業務内容が異なります。看護師は、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病をもった方やお産をされた方の療養上のお世話や、医師や歯科医の指示のもとに診療の補助を行います。

 准看護師は、都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて、療養上のお世話又は診療の補助を行います。
 
Q4 県立の看護専門学校としての「特徴」はなんですか?

A4 島根県では離島、中山間地域の看護師確保対策が大きな課題となっていることから、県立の看護専門学校として、地域の保健・医療・福祉に貢献できる人材を育成することを教育目的に掲げ、島根県内の各地域で活躍する看護師養成に努めています。また、入学生のアンケートでは、県立専門学校を選択した主な理由の一つとして「学費が安いこと」が掲げられています。

島根県立石見高等看護学院

イメージキャラクター

  『あゆみん』

581605
<<島根県立石見高等看護学院>> 〒698-0007 島根県益田市昭和町20番15号 TEL:0856-23-2615 FAX:0856-23-3462