qrcode.png
http://sinc.ac.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

教職員ブログ

  • HOME  > 
  • 教職員ブログ
   
 こちらは島根県立石見高等看護学院・教職員のブログです

 
学校行事や、日々の学院生活の中で感じたことなどを不定期に更新しています。
                
    過去の記事はコチラ     平成25年度
                       平成26年度
                   平成27年度
                       平成28年度
                   平成29年度
 

平成30年度

平成30年度
フォーム
 
後期がはじまりました
2018-09-07
 学院は、今週月曜日から後期授業が始まり静かだった校内がにぎやかに始まった週初めです。始業初日は8時限の講義、テストがあり夏休み明けで生活ペースの切替に少し時間がかかる学生さんもいるんじゃないでしょうか。
 心配をしていた台風は益田市を反れ適量な雨が降ったおかげか朝、晩少し涼しくなったと感じています。
 今日は校舎の外まわりをパトロール?
 夏休み中に免許をとったんでしょうか、初心者マークを付けた学生の車が増えたこと、運転は十分気をつけてください。夏の猛暑に耐え時期がくると花をつける「玉すだれ」が咲いていたこと、隣の公園で保育園児が運動会の練習をしていたことを発見。 秋はもうすぐです。      やよい
  
 
夏休みもあと3日…
2018-08-30
長かった夏休みも今週末で終わります。
静かだった学舎(写真:1階ラウンジ)も来週から賑やかになります。
学生みんなの元気な顔と再会できることを楽しみにしています。
さて、静かな校舎の中で夏休み前に貼られたポスター(写真)が目に付きました。
そうです。10月20日(土)に開催される「看学祭」の手作りポスターです。
ここでちょっとPRです。
「看学祭」は、学院の一大イベントです。
当日は、市民の皆さんに多くご来場いただき楽しい1日を過ごしていただこうと、学生達の手作りカフェやゲームなどお楽しみ企画を準備中です。
将来看護師を目指そうと思ってる小・中・高校生の皆さん、遊びに来てみませんか?
市民の皆さん、学院見学をかねて是非お越しください。お待ちしています。
猛暑が続いた夏でしたが、10月には紅葉が綺麗な過ごしやすい秋の季節となっているといいですね。
 
 
FD研修
2018-08-22
 8月9日の話になりますが、学内で京都大学医学部付属病院 総合臨床教育・研修センターの内藤千佐子先生をお招きして、「指導者のファシリテータースキルを向上させよう!~看護学生の主体的学習のために~」というテーマでFD研修を開催しました。実習病院より看護部長・実習指導者8名の参加があり学院教員合わせて20名で受講しました。
 ファシリテーターとは先生でも指導者でもなく中立的立場でチームを管理し、チームの成果が最大になるように支援する人で「愛を持って見守る人」であると学びました。ファシリテーションスキルとして場作りや聴くスキルがあり、アイスブレークや傾聴力・発問力などのスキルをバディシステムで実際に経験することができました。
 内藤先生の話(一人ノリツッコミも多い)や雰囲気に研修者全員が引き込まれ、終始笑い声が絶えず、また研修全体でファシリテーションを体感することができ学びの多い研修となりました。この研修をもう一度自分自身で振り返り、今後の学生指導へ活かせるようにしたいと思います。
                          
                                    moa
 
 
ようこそ『ホームカミングデー』へ
2018-08-17
 8月16日に『ホームカミングデー』が開催されました。この取り組みは平成27年度から卒業生の早期離職防止の支援として実施しており、今年で4年目になります。今年度も3月に卒業した13名が参加してくれました。教員も可愛い卒業生を迎えるためにお菓子作りに励みました。
 近況報告では皆それぞれ努力しながら成長している様子がうかがえ、「いつかドクターヘリに乗る看護師になりたい」という思いや「看護教員もいいなと思っている」と言ってくれた卒業生もおり、目標をもっている姿をみて嬉しく感じました。ご配慮くださった職場の皆様に感謝します。
 短い時間でしたが、同級生や教員との楽しいひとときを胸に、また頑張ってほしいです。
   
                                                   ひなた
 
夏休み
2018-08-02

待ちに待った夏休みに突入して1週間が経ちました。先週までは学生たちの声でとっても賑やかだった校内でしたが、今は蝉の大合唱で賑やかな学院です。終業日に行った授業では、授業はちゃんと受けつつも、夏休みに入る喜びが顔ににじみ出ていた学生たち。今頃、海やプールにかき氷!と夏を満喫している者、持ち帰った課題や国家試験勉強にコツコツ取り組んでいる者、久しぶりの地元でご家族や友達との時間を楽しむ者.....きっとそれぞれ有意義に過ごしていることでしょう。

 さて、今年の夏は「猛暑を災害と認識する」と気象庁の発表があったように、記録的な暑さが続いています。テレビでも熱中症で運ばれたり、亡くなられたというニュースが連日報道され、命があること、健康であることは何より大切だなと改めて感じています。看護学生ですから、熱中症対策や体調管理はできると信じていますが、この猛暑で体調を崩したりすることがないように祈るばかりです。夏休みはまだ前半戦!それぞれが心に残る夏休みとなり、9月3日の始業日には、112人全員が元気な顔をみせてくれるのを楽しみにしています。

                                ARI

島根県立石見高等看護学院

イメージキャラクター

  『あゆみん』

583934
<<島根県立石見高等看護学院>> 〒698-0007 島根県益田市昭和町20番15号 TEL:0856-23-2615 FAX:0856-23-3462