教職員ブログ

  • HOME  > 
  • 教職員ブログ
   
 こちらは島根県立石見高等看護学院・教職員のブログです

 
学校行事や、日々の学院生活の中で感じたことなどを不定期に更新しています。
                
    過去の記事はコチラ      平成25年度
                       平成26年度
                       平成27年度
                       平成28年度
 

平成29年度

平成29年度
フォーム
 
「学校関係者評価委員会」を開催しました。
2017-09-15
 石見高等看護学院の「学校関係者評価委員会」が開催されました。学校関係者評価の取組は、昨年度からスタートして、今年が2回目の開催になります。
 学校関係者委員には、地元の病院や保健所、学院の卒業生など5名の学外委員に加わっていただき、日頃の学院運営や教育活動について評価をいただきます。今回は僅かな時間でしたが、授業の様子も見学していただきました。教員も学生もちょっと緊張気味でしたが…。
 意見交換の場では、実習や学生募集、学生へのメンタルヘルスの取組みなどにもご意見をいただき、有意義な委員会となりました。これら貴重なご意見を今後の取組に活かしていきたいと思います。
 当学院では、学校の教職員が自ら評価する「自己点検・自己評価」、学生、保護者の学校評価アンケート、卒業前アンケートなどの学校評価にも取り組んでおり、今後も学校教育活動などの質の向上に努めて参ります。
 
 
母性看護学実習へ
2017-09-05
 夏休みが終わりましたがのんびりとしている暇もなく、3年生は各論実習の15単位目が始まりました。
 今回私が担当する母性看護学実習の初日は、学内で分娩経過・産褥期・新生児のアセスメントとケアについてのビデオ学習や沐浴の技術練習などを行います。
 1本が25分間のビデオ5本を、グループメンバー6人が集中し真剣に視聴しました。
 沐浴の練習では、「こわいね!」「落としたらいけんよ!」と、はじめはおそるおそるベビー人形を抱いていましたが、練習が終わる頃には「かわいいね~」「顔の拭き方はこれでいいよね」「抱き方を変える時はこうかな!」と少しずつ表情も和らいで、自分たちの沐浴の手技や新生児の抱き方などを確認することができていました。
 明日からは、病棟での看護学実習が始まります。妊娠・分娩・産褥各期の看護や新生児の特徴などを理解し、自信を持った援助ができるように頑張ってほしいと思います。
 1月から始まった各論実習は、残り4単位となりました。11月にある統合実習につながる実習になるように支援していきたいと思います。       
                                                               moa
 
始業
2017-09-01
 1ヶ月あまりの夏期休業を終え、始業となったこの日、静かだった学内が久しぶりに賑やかになりました。
始業の日の朝は、課題の提出からスタートしました。看護学生は、夏休みと言えども沢山の課題を持ち帰ります。下の写真は1年生が提出してくれた課題の一部です。大変だったと思いますが、誰一人忘れることなく提出してくれました。こつこつと課題に取り組み努力したことは、これから必ず活かされますよ。お疲れ様!
 もう一枚の写真は、始業に合わせて綺麗に芝刈りされた中庭に1年生を誘って、パチリ。まだまだ夏休みモードが抜けきれない雰囲気がありますが、9月から新しく始まる科目も続々とあり、ぼやぼやしているわけにはいきません。勉強モードに頭を切り換えて、頑張りましょう!! 
                                      ALIBABA
 
フィジカルアセスメント研修に行ってきました!
2017-08-24
 8月21、22日の2日間、島根大学医学部附属病院のクリニカルスキルアップセンターでフィジカルアセスメント研修を受講してきました。教員自身のフィジカルアセスメント技術の向上はもちろんのこと、シミュレーターを効果的に使用し、学生が興味や関心を持って学べる授業の方法についても学習してきました。
 センター長の狩野賢二先生は、「臨床現場では間違えることはできないが、シミュレーターを使用して学習する時には間違えてもいい。その間違えから多くのことを学ぶことができる。学生にはどんどん間違えろ!と伝えている」とおっしゃっていました。シミュレーターを使用することで、リアルな臨床現場を再現することができます。その中で学生と共に考えたり、悩んだりしながら学習していくことの重要性を再認識することができました。フィジカルアセスメントの技術についても、私たちが学生時代に学んだこととの違いに驚いたり、技術だけに着目するのではなく、解剖生理や病態と関連付けて学べるような工夫をすることの必要性も感じました。
 石見高看も多くのシミュレーターを保有しています。今回の研修で学んだことを今後の教育活動にしっかり生かし、学生と共に学び、成長していきたいと思います。
のん
 
Welcome 36期生!!
2017-08-21
8月17日(木)にホームカミングデイを行いました。この取り組みは、卒業生の離職防止のための支援目的に開催しており、今年で3年目となりました。
卒業生より一人ひとりの近況報告をしていただきました。受け持つ患者さんが増え、自分の失敗があっても、先輩方が優しく指導してくださっていることや、期待に応えられるようにこの失敗を無駄にせず、これから勉強して頑張りたいと皆が前向きな気持ちを話てました。一人ひとりの卒業生が精一杯頑張っている様子がひしひしと伝わった近況報告でした。
また、卒業生の担任だった先生から、温かなメッセージ入りの懐かしの写真や、現在の就職場所での写真の上映があったりして、歓声がわき写真にくぎづけでした。そして、卒業生の為に、教員たちが必死で練習した『見上げてごらん夜の星を~ぼくらのうた』の二部合唱を披露しました。軽食をとりながら和気あいあいとした雰囲気で、心に残るホームカミングデイとなりました。
この取り組みは、卒業生を元気づけ、リフレッシュして帰ってもらうものですが、私たち教員が反対に励まされ、とっても元気をもらいました!!ありがとう!!
みなさんが元気に学院に来てくれたことがとてもうれしくてうれしくて・・・!!
これからもず~っと応援していますよ。いつでも母校に来てくださいね。待っています。
                                                                                                                                             MAYUYU
1

島根県立石見高等看護学院

イメージキャラクター

  『あゆみん』

553115
<<島根県立石見高等看護学院>> 〒698-0007 島根県益田市昭和町20番15号 TEL:0856-23-2615 FAX:0856-23-3462